今金融機関は住宅ローンに積極的です

バナー

今金融機関は住宅ローンに積極的です

今、金融機関は住宅ローンに積極的です。
景気低迷が長く続き、企業も資金調達に慎重になっているため、金融機関の事業資金融資も苦戦しているのです。



そこで、目を付けたところが住宅ローンになるのです。

他の金融機関の商品よりも優れているところを出そうと、各金融機関は必死に商品設計をしています。

もしも、マイホームを購入しようとしているのであれば、住宅ローンの検討も早いうちにしておくと良いです。

自分もマイホームを購入する時に住宅ローンには悩みました。いろいろな金融機関のものを見比べて自分に合うものを選ぶことができたと思っています。


住宅ローンは長い付き合いになります。不動産担保ローン関しての情報探しを行うならネットが便利です。
そう簡単に借り換えができるものでもないので、最初に、自分が気に入ったものを見つけられることが一番良いと思います。

自分はいろいろ検討した結果、調べた中でコストが一番安いものを選びました。


コストには金利以外にもいろいろあります。例えば事務手数料です。

事務手数料は金融機関ごとに異なります。



31500円や52500円と固定のところもあれば、申込金額の2%や3%といった場合もあります。



仮に5000万円の住宅ローンを組むとなると2%で100万円、3%で150万円とかなり大きな金額になります。

こういったコストもしっかりと見比べておきましょう。
協和信用保証株式会社の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

自分が調べた中には繰上返済手数料が無料であるものもありました。インターネット専業銀行には繰上返済手数料が無料であるだけでなく、1円から返済できてしまうようなところもあります。
コツコツと繰上返済をしていこうと考えている人にとっては、初期コストが多少高くても、繰上返済手数料が無料で、わずかな金額からできる、ということは大きな魅力です。

さらには、三大疾病や七大疾病になった際には、住宅ローンの残債を生命保険会社が負担してくれるという保険が付いたものまであります。


こういう生命保険が付いているものであれば、別途加入している生命保険の見直しをすることができます。